住宅購入の不安をスッキリ解決「おうちの買い方相談室」が無料で何度も相談にのれる理由 住宅購入の不安をスッキリ解決「おうちの買い方相談室」が無料で何度も相談にのれる理由
住宅購入の相談先が見つかる!やさしい住まいづくりの手引き書メディア 「やさすまっぷ」 » 【取材協力】おうちの買い方相談室 » おうちの買い方相談室|関東エリア(東京・神奈川・千葉など)

おうちの買い方相談室|関東エリア(東京・神奈川・千葉など)

東京・東京近隣(関東)の「おうちの買い方相談室」

東京都内をはじめとする関東エリアには、現在7店舗のおうちの買い方相談室があります(2022年6月時点)。お住いのエリアに対応した店舗があるかチェックしてみましょう。

東東京店

相談者と目的を共有し、専門家としてのサポート提供に尽力する東東京支店は、2021年4月オープンの店舗。土日祝日は完全予約制での対応となるため、事前予約必須です。

東東京店に突撃インタビュー!

「東東京店ではどんなスタッフさんが対応してくれるの?」と気になるみなさんのために、編集部が突撃インタビューを実施。「欠陥住宅購入で失敗した(!?)」という衝撃の経験をお持ちの東東京店・西方 拓(にしかた たく)さんにお話を伺いました。

イメージ
【終始笑顔で答えてくれた西方さん。興味深い経験を多くされていて、非常に面白いお話を聞かせてくれました】

保険が嫌い!?だけど保険を扱う仕事へ

本日はよろしくお願いします。西方さんはFP(ファイナンシャルプランナー)であり住宅購入診断士でもありますが、まず、ご経歴を教えて下さい。

西方さん
新卒で、OA機器販売会社に入社しました。その時、上司に生命保険の契約をさせられたんです。実は、父が保険代理店をやっていたんですが、これをきっかけに保険が嫌いに…。

よく分からないまま契約してしまったんですね。

西方さん
そうなんです。その後、社会人として2年ほど経ったときに、持病の腰痛が悪化。転職活動をする中で父から「一緒に仕事をしてみないか?」と誘われ、「損保なら」ということで受けることにしました。当時は金融ビッグバンの前だったので、損保は損保、生保は生保で取り扱いが分かれていたんですね。その後、金融ビッグバンがあって、損保と生保の垣根がなくなり、僕が嫌いな生命保険を扱わないといけなくなってしまったんですが(笑)

それは抵抗がありましたね(笑)

西方さん
「損保だから」と誘われて入ったのに、なんで大嫌いな生命保険をやらなきゃいけないんだろう、という葛藤はありました。

自分の中で昇華されたきっかけはあったんですか?

西方さん
傷害保険を扱っていると、お客さまの方から生保の相談もされるんですよね。それで、相談に対応しているうちに、「生命保険は大事なもので、みんな必要としているんだ」ということに気づいたんです。それなのになぜ私みたいに保険嫌いな人が多いのか?と考えたときに、言われるまま訳も分からず加入する、そういう生命保険の売り方が嫌いなんだ、ということに気づきました。

今なら自分から窓口などに行っていくらでも選べますけど、当時は難しかったかもしれないですね。西方さんは現在FC店である東東京店を運営されていますが、「お家の買い方相談室」にはどういう経緯で出会われたんですか?

「おうちの買い方相談室」との出会いとは

西方さん
FPとしてお金と向き合わなきゃいけない、お客さまに有益な情報を伝えたい、と思って、日々勉強はしていたんですが、ライフプランニングをしていく中で、保険だけでなく、お客さまに人生相談をされる機会が増えたんです。

面白い(笑)

西方さん
人生というと大げさかもしれないですけど、「どこで車を買ったら良い?」「家を買いたいんだけど、これどうかな?」とか、ライフプランニングから派生して色んな相談をされるようになりました。でも車や家のことはよく分からないので、専門家に相談に行くようにお伝えしていたんですね。そこで「おうちの買い方相談室」に出会い、自分が詳しくない住宅の情報を、FCになることで得られるならと思ったんです。

当時は、家を買いたいと相談をされされることも多かったんですか?

西方さん
そうですね。でも「家買いたいんだけど」と言われても家の購入について詳しくなかったので、保険やお金の部分だけをフォローしている感じでした。

FC店になって、住宅FPとして活動される中で気づいたことはありますか?

西方さん
これまで住宅購入は、ライフプラン設計の一つの要素としてしか考えていなかったんです。でも勉強してみると、ローン一つとっても、固定と変動の違いの伝え方、細かい注意点など色んな見方や考え方があるんですよね。保険やお金だけでなく、人生の質、夢とかにも向き合うようになりました。

人生の質を上げるサポートをする、という感じでしょうか。

西方さん
僕自身が住宅購入に失敗しているので、「同じような失敗をしてほしくない」というところがありますね。単純にお金だけじゃないんですよね、住宅購入って。

イメージ
【ご自身の後悔を胸に、購入者目線で誠実にアドバイスをしている西方さん】

28歳で欠陥住宅を購入!

西方さんは28歳でお住まいを購入されたそうですね。

西方さん
はい。結婚と同時に購入しました。それが欠陥住宅だったんです。購入して10年位経った頃に、防水加工がしっかりされていなかったことが判明。それで雨水が入り込んで柱が腐って、修繕費用で120万ほどかかりました。

10年経っていたら保証も範囲外ですか?

西方さん
それ以前に、施工業者が倒産していましたね。今思えば、当時の私は「賃貸が得か戸建てが得か」「戸建てとマンションどっちが良いか」なんてことばかり気にして住宅を購入していました。施工業者の信用度、日当たりなど、他にもチェックするべきだったな〜と思います。

それはかなりのご経験ですね…。

西方さん
でも僕自身は、欠陥住宅を買ったことを後悔していないんです。それでも思い出がいっぱい詰まっているので。本当に後悔しているのは、ローンです。当時は若くて収入が少なかったため、融資してくれる銀行が見つかりませんでした。それで、焦る気持ちが募って、条件の良くないローンに飛びついてしまいました。

当時は金利も高かったですよね。2〜3%くらいですかね?

西方さん
そうなんです。もっと落ち着いて情報を集めて計画的にローンを組めば、トータル200万円くらいは支払額が違ったはずです。しかも、ローンを返済するために必至に働いて、家族との思い出づくりの時間やお金を削ってしまった。それがすごく失敗したと思っていて、なぜもっと色んな経験をしたり、家族の思い出づくりをしなかったんだろうと、そこが一番の後悔ポイントです。

それは、ご自身のライフプラン全体が見えていなくて、とにかく目先の住宅ローンだけを頑張って返しちゃった、ということですね。

西方さん
仰るとおりです。一番やっちゃいけないことをやっちゃったんです。ですから、相談者のみなさんには、必ずこの話をしています。家ばかりにお金をかければいいわけじゃないんです。僕みたいに失敗しないように、家族との幸せな時間を過ごすために家を買うなら、「どういう生活を家族でしたいか」を一緒に考えたいと思っています。

「保険業」から「物語支援業」へアップデート

それはお客様もビックリですよね。お金の相談だと思って来たのに、そういうお話だとは。

西方さん
お金ももちろん大事ですけどね。お客さま一人ひとりに人生があって、夢とか理想とか色んなことがあるはずなんです。住宅購入のことだけを考えちゃうと、お金を掛けすぎて失敗したり、節約しすぎて生活を楽しめなくなってしまうので、家族でどういう生活をしたいか、というところに目を向けられるようサポートしたいと考えています。

西方さんは、「おうちの買い方相談室」のどういった部分に共感されたんですか?

西方さん
僕が一番いいと思ったのが、「お客さまを友達だと思って接する」というところです。相手が親友だったら嘘はつきたくないし、正直に接したいですよね。私は、生命保険を扱っていたときも「保険会社の代わりに」保険を売る「販売代理店」じゃなく、「お客さまの代わりに」数ある保険商品の中からニーズに合ったものを選ぶ「購買代理店」でありたいと思っていました。そこに、「友達」というワードが当てはまりました。壁がない形で色んな情報を全て正直にお伝えできるような立ち位置だったら本当にいいなと思ったんです。

現代は、情報がいっぱいありすぎて分からなくなる人も多いと思います。

西方さん
そうですよね。だからこそ、ぼくらが基準をお伝えして、お客さまが判断できれば、そこがお役に立てるポイントなのかなと思います。

保険の代理店と「おうちの買い方相談室」、相乗効果というのはどんな点でしょうか?

西方さん
すでに保険をお預かりしているお客さまには、住宅の情報、考え方をしっかりお伝えすることができます。住宅購入に関しては、人生をトータルにヒアリングした中で、保険のお話もできるので、すごくリンクしていると思います。「購入者目線で考える専門家」として、保険も住宅購入もお手伝いしたいですね。

最後に、これから住宅購入を考えている方にメッセージをお願いします。

西方さん
僕がいつもお話ししているのが、みなさん家を買うこと自体が目的になっていることがほとんどなので「そこは違いますよ」ということです。

色々失敗された西方様だから思う、その原因はなんでしょうか?

西方さん
家の情報が入って来すぎてしまうからでしょうね。住宅展示場に行ったりネットで情報を収集すると、Aの家とBの家の金額や、「あっちの家の方がここが良かった」とか比較ばかりになってしまうんですね。自分がどういう場所に住みたいとか、自分の夢からかけ離れてしまっている人が多いんです。ですから、金額を比較する前に、「どういう家に住みたいと思っていたんですか?」ということを思い出して頂いています。

まず思いを整理してあげるという感じですね。

西方さん
マイホームはやっぱり夢だと思います。でもそれ意外にも、みなさん「老後はキャンピングカーを買って夫婦で日本一周したい」みたいな色んな夢があるんですよね。住宅だけ、目の前だけ見ているとそれが叶えられなくなることもあります。そこで、我々がお手伝いすることで、夢を叶えることができるかなと思ってます。家族の夢や生活も全部含めて、マイホームの購入をサポートできたらと思いますね。

住宅購入だけでない、「家族の物語」を支援するということですね。とても勉強になりました。ありがとうございました。

東東京店の店舗情報

所在地 東京都葛飾区亀有1-15-1
アクセス JR常磐線 亀有駅から徒歩約13分、京成電鉄お花茶屋駅から徒歩約14分
駐車場の有無
電話番号 03-3838-3519
ホームページ https://ouchino-kaikata.com/easttokyo/

他関東エリアの「おうちの買い方相談室」一覧

東京オフィス

GOEN株式会社東京オフィスが東京エリアの相談を担当。店舗と同じく、完全予約制で住宅購入の総合的な相談が可能です。

東京オフィスの店舗情報

所在地 東京都中央区銀座8-19-18号第三東栄ビル 801号室
アクセス JR新橋駅から徒歩10分、都営地下鉄線東銀座駅から徒歩7分
駐車場の有無
電話番号 03-6264-0582
ホームページ https://ouchino-kaikata.com/tokyooffice/

神栖店

代表自身の体験から、無理な住宅ローン返済に悩む人を減らしたいという想いでオープンさせた神栖店。女性スタッフ3名体制で家づくり勉強会なども随時開催しています。

神栖店の店舗情報

所在地 茨城県神栖市大野原3-2-1-105
アクセス 鹿島セントラルホテルから車で約2~3分、鹿島セントラルホテルから徒歩で約10分
駐車場の有無
電話番号 0120-488-328
ホームページ https://ouchino-kaikata.com/kamisu/

つくば店

住宅ローンはもちろん、相続や資産運用にも強い点が特徴のつくば店。人生の4大支出を踏まえたライフプラン作成や住宅会社とのマッチングまで専門家によるサポートが受けられます。

つくば店の店舗情報

所在地 茨城県つくば市赤塚610-6
アクセス 関東鉄道バス・JRバス関東トーホーランド前降車徒歩2分
駐車場の有無
電話番号 0120-427-811
ホームページ https://tsukuba-ouchi.net/index.html

さいたま店

2014年にオープンしたさいたま店では、県内のほか東京都内の方などの相談事例も多数ある店舗。相談は完全予約制ですが、さいたま市内では無料出張相談にも対応しています。

さいたま店の店舗情報

所在地 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-12-24 小峰ビル5F mio埼玉県庁前
アクセス JR浦和駅から徒歩7分
駐車場の有無 不明
電話番号 048-814-2080
ホームページ https://xn--n8jdl7gxc5066bmbvc.com/

さいたま中央店

大型書店内フロアの一角に店舗を構えるさいたま中央店。2組同時対応可能なカウンター席の小規模な店内ですが、夜8時までの営業時間と年中無休で相談可能な点も特徴です。

さいたま中央店の店舗情報

所在地 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-5ブックデポ書楽1F内
アクセス JR北与野駅から徒歩3分、JRさいたま新都心駅から徒歩約12分
駐車場の有無
電話番号 048-767-6280
ホームページ https://ouchino-kaikata.com/saitamachuo/

成田店

ハウスメーカーや保険会社出身の経験豊富なスタッフが在籍する成田店。住宅購入費用だけでなく、家計のお金の流れをもとに、相談者に合った住宅ローン適正額をアドバイスしてくれます。

成田店の店舗情報

所在地 千葉県印旛郡酒々井町中央台2-19-22
アクセス JR酒々井駅から徒歩3分、京成酒々井駅から徒歩10分、酒々井IC、佐倉ICより車で約10分
駐車場の有無
電話番号 043-497-6879
ホームページ https://narita-ouchi.com/
取材協力
まとめ
引用元:おうちの買い方相談室(https://ouchino-kaikata.com/)
住宅相談カウンター
「おうちの買い方相談室」
まとめ

引用元:おうちの買い方相談室
(https://ouchino-kaikata.com/)

住宅購入の支援事業を中心に、子どもにお金の大切さを教える「キッズマネースクール」や保育園まで展開している、子育て世代を応援するビジネスを多く展開しているGOEN株式会社が運営する、何回通っても無料の住宅相談カウンター。
「おうちの買い方相談室」では、ファイナンシャルプランナー(FP)の中でも住宅に特化した「住宅FP」と日本住宅購入診断士協会認定の「住宅購入診断士」という、マイホーム購入の専門家が在籍。
資金計画と住宅選び、それぞれの分野について有資格者が客観的な立場でアドバイスを行っています。
ただ家を買うのではなく、家族との思い出の箱としての家を手に入れる、そして理想的な家を購入しながらも一生お金の心配をすることがない家計をつくる、そんなお手伝いをしています。